神戸市によるバリアフリーリフォーム補助金等の支援制度

神戸市によるバリアフリーリフォーム補助金等の支援制度


このページでは神戸市による以下の補助制度の内容を要約してお伝えします。

・神戸市バリアフリー住宅改修補助事業

・神戸市共同住宅バリアフリー改修補助事業

神戸市バリアフリー住宅改修補助事業

※2019年度は5月7日(火)より受付が開始されました。

要支援・要介護認定を受けていない高齢者がいる世帯を対象に、手すりの設置や段差の解消など、バリアフリー改修工事にかかる費用の一部が補助されます。


【補助制度の概要】

(1) 補助対象世帯

下記の全てに該当する世帯

・神戸市にお住まいで、自らが住む住宅をバリアフリー化しようとする満65歳以上の高齢者がいること

・世帯員全員が要支援又は要介護認定を受けていないこと(「介護事業対象者」の方は可)

・市民税を滞納していないこと

・世帯の年収が下記に定める年収であること

 高齢単身世帯(65歳以上)の場合 … 総所得220万円未満 または年金収入+その他総所得=340万円未満

 高齢夫婦世帯(夫婦のいずれか、または両方が65歳以上)の場合 … 総所得220万円未満 または年金収入+その他総所得=463万円未満

 上記以外の世帯 … 総所得510万円未満

(2) 補助対象住宅

・対象世帯が居住する神戸市内の既存住宅
・戸建住宅・共同住宅、専用住宅・併用住宅、持家・借家を問わない
・共同住宅の場合は、専有部分のみを対象とする
・併用住宅の場合は、専ら居住の用に供する部分のみを対象とする
・借家の場合は、所有者がバリアフリー改修工事を承諾をしていること

(3) 補助対象工事

・補助対象者が居住する住宅における下記のバリアフリー改修工事で、必ず補助金の交付決定日以降に工事契約し、年度内の1月31日までに実績報告書を提出できるもの
・本社、支店、営業所などを有する中小施工業者が行う工事であること
・「神戸市の住宅設計基準(コーデス)を参考とすること

※必ず書面にて工事請負契約等を行うこと

浴室 … 手すりの取り付け(※2)、段差解消(※3)
脱衣室(洗面所) … 手すりの取り付け、段差解消(※3)
便所 … 手すりの取り付け、段差解消(※3)
廊下 … 手すりの取り付け、段差解消(※3)
階段 … 手すりの取り付け、滑り止めの取り付け
玄関(※1) … 手すりの取り付け、段差解消(※4)

※1:道路から玄関までの通路・階段を含む
※2:浴室に新設する手すりの取り付けは上限3箇所までを対象とする
※3:すり付け板を除く
※4:踏み台で対応する場合は固定すること

(4)補助金額

・市民税課税世帯は、対象工事費(上限18万円)の1/3を補助(最大6万円)

・市民税非課税世帯は、対象工事費(上限18万円)の2/3を補助(最大12万円)


【申請方法と申請書類等】

申請者は65歳以上の高齢者に限られます。工事契約前に、申請書に必要書類を添えて、神戸市すまいとまちの安心支援センター「すまいるネット」へご持参ください。

※工事契約後の申請は補助対象になりません。

申請書類等についての詳しい案内は神戸市すまいとまちの安心支援センター「すまいるネット」ホームページでご確認ください。


【問い合わせ先】

神戸市すまいとまちの安心支援センター「すまいるネット」

 事務局(すまい安全推進係):078-222-0186
 午前10時〜午後5時まで(水・日・祝日を除く)


神戸市共同住宅バリアフリー改修補助事業

※2019年度は5月7日(火)より受付が開始されました。

共用階段への手すりの設置や、出入口に段差解消のスロ−プを設置するなど、マンション、アパート等の共同住宅の共用部分をバリアフリー改修する際、工事費の一部が補助されます。


【補助制度の概要】

(1) 補助申請者

区分所有の共同住宅 : 管理組合等の代表者 (理事長等)
賃貸住宅等:住宅所有者

※賃貸共同住宅の場合は、所有者からの申請となります。

(2) 補助対象共同住宅

神戸市内にある、下記の既存の共同住宅

1.店舗や事務所等がある場合、住宅部分が建物の延べ面積の1/2を超えること
2.原則として、建築基準法に適合していること
3.公営・公社などの公的賃貸住宅は対象外

※区分所有(分譲等)や賃貸、建物の構造は問いません

(3) 改修箇所と補助対象工事

補助対象となる共同住宅の共用部分に係る下記のバリアフリー改修工事。

〈外部出入口・廊下等〉
段差解消(傾斜路又はそれに類するものの設置)
傾斜路への手すり設置
開口部の拡張
引き戸等への取替え(自動扉は対象外)

〈床面〉
ノンスリップ化・点字ブロックの設置

〈階段〉
手すりの設置
蹴込板及び滑り止めの設置

〈エレベーター〉
新設工事及び付帯工事

(4)補助金額

補助対象工事費の1/2か補助限度額のいずれか小さい金額

(消費税除く、千円未満の端数は切捨て)

住宅戸数が20戸以下 … 15,000円×住宅戸数

 〃 20戸超100戸以下 … 30万円

 〃 100戸超 … 30万円+1,500円 ×(住宅戸数−100戸)※上限90万円


【申請方法と申請書類等】

工事契約前に、申請書に必要書類を添えて、神戸市すまいとまちの安心支援センター(すまいるネット)へご持参ください。

※工事契約後の申請は補助対象になりません。

申請書類等についての詳しい案内は神戸市すまいとまちの安心支援センター(すまいるネット)ホームページごにてご確認ください。


【申請にあたっての注意事項】

・補助金の交付決定を受ける前に補助対象工事の契約をしている場合は補助の対象となりません。
・事前契約が判明した場合、補助金は交付されません。
・補助申請前に、管理組合の総会や理事会等で、バリアフリー改修工事の「実施」と「補助事業の申請」について決議が必要です(区分所有の共同住宅の場合)。
・令和2年1月31日までに、補助事業の完了・実績報告書の提出をしてください。
・同じ工事箇所について、国や市などの他の補助・助成事業と併用して補助金を受けることはできません。
・過去の補助金交付実績により、補助申請年度の補助限度額は異なります。
・書類に不備があるときは、補助金は交付できません。


【問い合わせ先】

神戸市すまいとまちの安心支援センター「すまいるネット」

 事務局(すまい安全推進係):078-222-0186
 午前10時〜午後5時まで(水・日・祝日を除く)

 

サイトマップ